オーバードライブ紅蓮 ★7「人と異形と」撮影スポット

撮影に最適だと聞いて。

お立ち台がご丁寧に用意されているので、高低差を利用してどアップでのキャラ撮影ができます。ただし2人以上での協力が必要。

お立ち台に2人で乗り、端と中央部の高低差を使用して撮影したり……


地面レベルとの高低差を利用しての撮影も可能です。

青龍の背中って乗りやすそうだよね

基本的に、アクション以外の位置調整操作はカメラマン側で行い、基本的に被写体側は動かないほうがよいです。
というのも、移動しない状態での方向転換は同期されなかったり、どうしても通信上遅延があるために操作が難しくなるためです。

あまりにも近づき過ぎると頭や手が透けてしまうので注意!ハイタッチなど、前に進むタイプのアクションを起こした際に起こる場合もあります。この場合はカメラマンが被写体に近づく(手前側に動く)かカメラを少し退くことで問題を解決できます。

位置の微調整も基本的にはカメラマン側で行うことになります。微調整の際は回避行動やチャージ攻撃にならないように注意。ブルーの場合はフォームチェンジにより突進してしまうので特に注意。

多少の向きズレは、カメラマン側でカメラを回して行うことになります。被写体側での微調整は先述の理由により難しいためです。

なお、地面レベルとの高低差を利用する場合は次のような配置が一例です(被写体(マフユ)側の画面。カメラマンのブルーは右下)。

ちなみに名前欄を空白にするには、空白をシングルクォートで囲む「’ ‘」と設定時シングルクォートがなぜか外れて純粋な空白だけが残るようになる模様です。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告