アカウント販売業者への変貌にご注意

私はアカウント販売を好みません。

従って、私はアカウント販売業者と思しきアカウントへのフォロー返しは行いません。しかし、最近私の目を掻い潜ってフォローさせるような行為が目立ちます。

具体的には、最初は作ったばかりの白猫垢を装い、後からアカウント販売業者に変貌させるというものです。
最初は白猫のプロフィールを貼ったり、普通に挨拶したりするのですがある程度フォローが繋がった段階でアカウント販売業者として丸々プロフィールを書き換えるという手口です。

また、既存の販売用アカウントを利用するため宣伝屋を名乗るという手口もあります。無償で営利活動に協力するなど、何かしらのメリットがなければやらないでしょう。非常に近い関係か、もしくは本人の自演が考えられます。
Twitterアカウントは複数持てますし、携帯電話も持とうと思えば複数台・複数回線所有することが可能です。

もっとも、多くの業者が安心・安全を自称しています。しかし、これらの自称は詐欺師が安全であるといっているようなものです。実際にそうとは限りませんが、一般的に考えれば怪しいでしょう。
また、複数のアカウントで特定の人物を同じように称している場合もありますが、自演を疑うべきです。インターネットというものは本来危険な場所であるため、疑いすぎるほうがよいのです。
なお、身分証明書提示可能を称する者も出てきていますが、これだけでは危険です。身分証明書だけを信じると詐欺に遭います。
本来は商取引は見知らぬ人と行うものではありませんが、どうしてもという場合は十分な安全性・身元の確認を行う必要があります。これに関しては別の記事に記載していきます。

私は基本的に積極的なフォロー返しは行っていません。しかし、このような状況ではフォロー返しもはばかられます。
もちろん純粋にフォローを求めている方もいらっしゃるかもしれませんが、このようにその親切心を悪用する者もいます。私もツイートを精査しているつもりですが、あまりにも新しいアカウントの場合はフォローを見送らせていただくこともありますのでご承知おきください。
なお、リプライで会話していただくことに関してはウェルカムです。リプライにはフォロー関係を必ずしも要しません。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告