チャージしても火力が思ったより出ない理由

表題の通り。

最近のキャラクターで顕著ですが、チャージしても思ったより火力が出ないということが散見されます。
これは以下のような特殊な計算方法が原因であるためです。

火力が出づらい理由

白猫プロジェクトにおいては、各種強化要素の倍率をすべて加算する仕組みになっています。これを通称「コロプラ算」と呼んでいます。
例えば、50%アップの効果が2つある場合、通常であれば1.5倍が積算され2.25倍となりますが、コロプラ算では50%+50%=100%と加算による計算を行うため2倍にとどまります。

倍率で考えると混乱する原因になる

一部の攻略サイトが、チャージするとアクションスキルが1.5倍(倍率は微妙に違いますが)と記載しているようですが、これは半分正解で半分間違いです。
まったく強化が乗っていないのであれば、それでも正解となります。

しかし、キャラ本人にさまざまな強化が乗っている場合はこれは間違いです。
実際の計算として、チャージによるアクションスキル強化も倍率は加算されます。
従って、各種強化が乗れば乗るほどチャージによる増加率は相対的に下がるため効果を実感しにくくなります。
十分なバフがかかっているのであれば、それが確定1発で沈められるか否かの瀬戸際でない限りリスクを冒してまでチャージをする必要性は薄いことを意味します。
(50%強化となるチャージを行うことと、50%強化となる強化バフを掛けることは計算上等価となります)

本人の強化率 チャージ(+50%)による実質的な強化率
0%(強化なし) 50%
50% 33.33%
100% 25%
150% 20%
200% 16.67%
250% 14.29%
300% 12.5%
400% 10%
500% 8.33%

もちろん、チャージすればいずれにしても効果は上がります。しかし、この計算方法においては上記の通り、本人に強化が乗っている場合は体感できる上昇幅は僅かとなってしまいます。
前回の通り、混沌ルルの際にこの件で揉め事がありました。モチーフ武器に属性強化100%が乗っているものの、本人に大きな属性強化が乗っているため実質の上昇幅が40%にとどまってしまうという問題です。
これは仕様上問題ないのですが、火力が2倍になると勘違いした一部のユーザーにより揉め事が発生しました。以降、武器の詳細に関する紹介ページはお知らせから撤去されています。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告