なぜ白猫は頑なにキャラを復刻しないのか

イベントは復刻するのに…

関連するキャラは復刻しない。ガチャでも出てこない。
神気解放(ざっくり言うと再調整)のお知らせはあるが、そんなキャラを新たに手に入れることができない。当該キャラクターに紐づくモチーフ武器も入手できない。
実はこれには、さまざまな深い事情があるのでありました。

復刻「しない」のではなく「できない」

元はといえば、そもそもガチャ復刻に関しては言及はなかったようであります。
ちなみに、ガチャシステムを備える多くのソーシャルゲームでは必然的に期間限定のキャラを導入しているところが多くあります。
もちろん期間限定化することで課金を煽ることに関して、ビジネスではありますから異論はありません。しかし、白猫プロジェクトに関してはこの辺りがねじ曲がって解釈された結果、いろいろとひどいことになったようです。
復刻(つまり再登場)するか否かの言及は当初なかったようですが、次に説明する茶熊1期時に騒動があったがために、以降の方針がめちゃくちゃになっていくこととなってしまいました。
この頃の方針は、2年以上経った現在でも尾を引いている状況となっています。

施設の差がキャラクターの強さに直結する

イベントで建設できる施設によりキャラクターのパラメータが変化するため、施設がないとその分不利になります。パラメータの差は2倍以上に及ぶこともあります。
これが原因で、施設がないとキャラクターの強さを引き出せない場合があることもあり、イベントだけは復刻しているようです。
当初はイベント復刻の度、クリア報酬がリセットされジュエルを再入手できましたが、2017年3月頃の茶熊学園2016復刻以降はそのようなことはできなくなってしまいました。

この後、復刻関連で大きく揉めた事件について解説していきます。

茶熊1期、復刻はしたが大荒れ

最初で最後の復刻ガチャといわれた茶熊学園2015(通称茶熊1期)。この頃までは、ガチャの復刻に関し「限定1)入れ替え限定のことと思われるは復刻対象外」とだけ案内があったようであります(復刻するともしないとも言われてなかったらしい)。
しかし実際に2016年1月8日頃、復刻が行われるとの案内が行われると場は大荒れ2)詳しくはAppmedia上の【白猫速報】茶熊復刻における運営からの発表!を参照
一説によると、かなり運営側に寄り添っていたYouTuberの声が大きく、炎上したのが原因であるようであります3)詳細は【白猫】おせにゃんの低評価率から見えてくるユーザーの不満 | | もりのゲームブログ及び第13回おせにゃんを参照
結果として次のような大本営発表が浅井Pからあった結果、以降のガチャは基本的に復刻ガチャ無しの方針で進んでいくことになりました。
(配布キャラはイベントと同時に再登場します)

茶熊学園2015の再開催について

白猫プロジェクト・プロデューサーの浅井です。
「お世話にニャっております #13」にて発表の「茶熊学園2015」再開催についてお知らせします。

今回、茶熊学園2015をより多くの皆さまへお届けし、楽しんでいただきたいとの思いからキャラ・武器ガチャも含めた再開催を発表いたしましたが、賛否含め多くのご意見をいただいております。

本件につきましては、私だけではなく運営チームでも議論を重ね、以下の決定をいたしました。

■1.茶熊学園2015のキャラ・武器ガチャの再登場について
発表を見て開催を楽しみにされているユーザーの皆さまもいらっしゃることから、予定通り実施とさせていただきます。

※武器ガチャについて、「いきなり★5」は実施いたしません。

■2.今後のガチャキャラクターの再登場について
同一のキャラクター(見た目・性能やスキル・スタイルなどが完全に一致するもの)は登場をさせない方針といたします。
「フォースター登場版ミラ」「茶熊学園版ミラ」のように、性能や見た目などが異なるキャラクターとしては登場をいたします。

「茶熊学園」という皆さまからご期待いただいているイベントにも関わらず、お騒がせしてしまったことをお詫びいたします。

今後ともユーザーの皆さまに楽しく遊んでいただけるコンテンツを制作するため、運営・開発を行って参ります。
引き続き、「白猫プロジェクト」をよろしくお願いいたします。

白猫プロジェクト・プロデューサー 浅井 大樹(浅井P)

※本方針は、「白猫プロジェクト」日本版に関するものとなりますので、ご了承ください。
※ダグラスやロッカ等のイベントで入手可能なキャラクターにつきましては、引き続き再登場の可能性があります。

フォースターギャラクティカ以降は復刻……するはずだが?

2017年初頭、フォースターギャラクティカ以降は復刻するように方針転換4)『白猫』今後はキャラ復刻が解禁。カモメ(斧)、シャナオウ(双剣)、ハルカのライバルが登場 – 電撃App。しかし、今更以前までの復刻しない方針を反故にできないためそれ以前のキャラに関してはそのままです。
また、この頃オーバードライブ紅蓮がありましたが、この際広報と開発側の間でミスマッチが起きたようであります。広報側がこれらのキャラ(リネア及びレクト)を限定と表記してしまったため、その結果この2人に関しては復刻対象外となってしまいました。
この点に関しては、属性の追加やパラメータの大幅なインフレなどが原因で混乱していた時期のため、仕方がないことなのかもしれません。

探偵フランに関しては4回限界突破、名星会クライヴに関しては限界突破無しですが(基本値を見て)大きくパラメータに差が出ています。

インヘルミナ騒動で大揉め

※2018/1/20 復刻対象となりました。
2017年4月頃、名星会版インヘルミナ及びカスミが実装されました。しかし、ここで問題が発生。お知らせページに誤記があり5)実際は操作可能でないのに、操作可能スキルであるかのように示されていた、その結果返金騒動が発生。

その際にコロプラ側の対応に疑問符が立つような対応であったため、さらなる返金騒動へ発展。具体的にはお知らせをゲーム内で見た人のみに使用したジュエルをすべて返還する(外部サイトや転載による情報を見ていた人は対象外)といった対応をとったため大炎上。
名星会インヘルミナ並びに同時に登場したカスミは復刻対象外となってしまいました。この結果カスミは騒動のとばっちりを受けてしまいました。

2018年1月20日の名星会凱旋ガチャにて復刻されました。記述自体は過去の記録として残しておきます。

復刻対象外のキャラの入手機会は?

一部のキャラ6)2016年以前の入れ替え限定や、2017年以降でも復刻しない方針のキャラに関しては、方針転換がない限り今後一切の入手ができません。
それ以外のキャラに関しては、キャラプレゼントや凱旋ガチャによって入手が可能です。

2016年以前のキャラクター

入れ替え限定、コラボキャラクター、筐体に追加されたキャラクターなどの例外を除いて、年2回程度のキャラプレゼントで入手が可能です。10人のキャラもしくは武器を選択した上で抽選、そのうち1人のキャラや2つの武器を入手できます。
基本的に1アカウント1回限りで、無尽蔵に利用できるわけではありません。ただし、2017年に実施された3周年記念キャラプレゼントでは、ジュエル360個7)概ね5400円程度だが、プラットフォームにより異なるを有償で購入することでこの機会をさらにもう1回(武器の場合は2回)増やすことができました。

2017年以降のキャラクター

特別に復刻しない方針のキャラクターを除いて、復刻する方針となっているためさまざまな方法で入手が可能です。
3周年記念の際は、「凱旋ガチャ」としてこれらのガチャ筐体がまとめて復刻されました。それ以降も、シェアハウスや転職勇者の際に関連するガチャ筐体8)シェアハウスSeason2の場合はSeason1、転職勇者の場合は求人勇者が復刻されています。

脚注   [ + ]

1. 入れ替え限定のことと思われる
2. 詳しくはAppmedia上の【白猫速報】茶熊復刻における運営からの発表!を参照
3. 詳細は【白猫】おせにゃんの低評価率から見えてくるユーザーの不満 | | もりのゲームブログ及び第13回おせにゃんを参照
4. 『白猫』今後はキャラ復刻が解禁。カモメ(斧)、シャナオウ(双剣)、ハルカのライバルが登場 – 電撃App
5. 実際は操作可能でないのに、操作可能スキルであるかのように示されていた
6. 2016年以前の入れ替え限定や、2017年以降でも復刻しない方針のキャラ
7. 概ね5400円程度だが、プラットフォームにより異なる
8. シェアハウスSeason2の場合はSeason1、転職勇者の場合は求人勇者
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告

コメント

  1. 名無しさん  より:

    名星インへルミナ、カスミが復刻未対象になったのはどこに書いてありましたか?

    • azure より:

      復刻対象外との明確な記載は確認できませんが、少なくとも今年開催されていた凱旋ガチャからは除外されていたものと思われます。