排出期間中の覚醒絵掲出、禁止!

原則として、排出期間中の覚醒絵の掲出はやめましょう

とはいっても、紳士協定的な話になりますが。
悪質なサイトや初心者がやりがちなことですが、現在ガチャから排出されているキャラクターの覚醒絵を掲出することは禁忌とされています。
今後入手機会があるにも関わらず、ネタバレされてはたまったものではありません。

ただし、これには例外があり長期にわたって登場し続けているキャラ(現在であればマフユ、ヴィンセントなど)であれば特に問題とされることはないようです。また、既に本来の排出期間が終了しているような場合も問題とされることはないようです1)テトライダーなど、公式がタペストリーとして製品化している例もあります
主に限定キャラに対しての話となり、現在であれば「闇の王子」と「光の王」が当該のキャラクターとなります。

覚醒絵について解説しますと、「友情覚醒」もしくは「覚醒2)闇の王子/光の王は親密度を上げる必要がないため、単なる「覚醒」となります」を行った際特別な絵が見られるようになります。これを通称「覚醒絵」と呼びます。
覚醒後及び、当該キャラのステータス画面3ページ目にて確認できるものとなります。1ページ目及び2ページ目で確認できるものは「立ち絵」となり、公開されているものですので「覚醒絵」とは異なります。

左側が立ち絵となり、右側が覚醒絵(の表示されるページ)となっています3)さすがに1年前のキャラなので覚醒絵掲出しても大丈夫なはず

この絵には、当該キャラの核心に迫る部分が描かれていることが多々あるため、ネタバレに直結する原因となり得ます。そのため、排出開始直後のキャラクターに関しては公開が禁忌とされているのです。
確かに魅力的な絵もありますが、それを直後に広めるのは良い考えではありません。うっかりの例として、Twitter等のアイコンやヘッダーに使ってしまうような事例もあります。

覚醒絵でなくとも、公開直後のストーリーを掲出することも言うまでもなく禁忌とされています。特に現在開催中の「ゼロ・クロニクル」に関してはかなり厳しい目があります。メインストーリーに繋がる部分もあるため、現段階での掲出はやめましょう。

脚注   [ + ]

1. テトライダーなど、公式がタペストリーとして製品化している例もあります
2. 闇の王子/光の王は親密度を上げる必要がないため、単なる「覚醒」となります
3. さすがに1年前のキャラなので覚醒絵掲出しても大丈夫なはず
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告